医師紹介

LINEで送る

 

医師
清水 貴徳   /   T a k a n o r i  S h i m i z u

担当日: 月曜日
[ 清水医師の診察を予約 ]

 
 

「患者さんが受診した理由は何か」をしっかり考え、受け止めます。
医師として、いくらたくさんの患者さんの命を救ったり症状を軽くしたりしても、患者さんのニーズに丁寧にこたえなければ、医師失格です。患者さんのニーズを正確に把握し、患者さんにわかりやすい言葉で話すことを心がけて診療をしてゆきたいと考えています。ご質問やご不安な点があれば、何なりとご相談ください。

医師の情報を見る

経歴

2010年3月 信州大学医学部医学科卒業
2010年4月 茅ヶ崎徳洲会総合病院(現 湘南藤沢徳洲会病院)初期研修医
2012年4月 茅ヶ崎徳洲会総合病院 (現 湘南藤沢徳洲会病院)後期研修医
2013年4月 湘南藤沢徳洲会病院 内科チーフレジデント
2014年4月 新東京病院消化器内科 医員
2018年4月 船橋駅前内科クリニック 管理者

資格

日本内科学会認定内科医
総合内科専門医
日本消化器病学会専門医

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

発表・著書など

医師たちがつくるオンライン医療事典コラム
「高血圧症の薬は一生飲み続けないといけないのか?」
「生まれつき悪玉コレステロール値が高くなる家族性コレステロール血症とは何か?」
「胃カメラ検査は本当に辛いのか? 検査を受ける人が知っておくと良いこと」など
詳しく見る

第103回日本消化器病学会総会
「急性胆石性胆嚢炎による胆嚢十二指腸穿孔に対して内視鏡的ドレナージ術を施行した一例」

第25回日本アレルギー学会春季臨床大会
「DPI吸入指導用ホイッスル(トレーナー)の動的特性」

 
 

 

 
 

医師
吉田 尚子   /   S h o k o  Y o s h i d a

担当日: 金曜日午後
[ 吉田医師の診察を予約 ]

 
 

より多くの方の、様々な健康上の問題に対処できる医師を志し、総合内科医として経験を積んで参りました。
ちょっと不安なこと、気になっていることなども、お気軽にご相談ください。

医師の情報を見る

経歴

2010年3月 九州大学医学部医学科卒業
2010年4月 武蔵野赤十字病院 初期研修医
2012年4月 亀田総合病院 総合診療・感染症科 後期研修医
2014年4月 亀田総合病院 総合内科 後期研修医
2015年4月 亀田総合病院 総合内科 フェロー
2016年4月 亀田総合病院 総合内科 医員・指導医
2019年9月 東京医科歯科大学医学部附属病院 総合診療科 医員
2020年4月 東京医科歯科大学医学部附属病院 総合診療科 助教

資格

認定内科医
総合内科専門医
日本内科学会 内科指導医

所属学会

日本内科学会

発表・著書など

Shoko Ando, Ryuichi Sada, Etsuko Fujisawa, Sandra Moody, Yoichi Kikuchi, Makito Yaegashi, A Rare Case of Septic Shock Associated with a Pituitary Abscess, Society of General Internal Medicine 38th annual meeting, 2015. 4. 23, Toronto, Canada

Gノート増刊 Vol.5 No.6
終末期を考える 今、わかっていること&医師ができること
すべての終末期患者と家族に必要な医療・ケア
第二章 疾患別の終末期 わかっていることvsいないこと
4. 慢性呼吸器疾患の終末期
書籍情報

 
 

 

 
 

医師
井上 峻輔   /   S y u n s u k e  I n o u e

担当日: 火曜日午前・土曜日
[ 井上医師の診察を予約 ]

 
 

循環器内科を専門としています。循環器疾患は専門性の高いものでも、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、喫煙などのいわゆる生活習慣病との関連が強いです。これらの生活習慣の改善を図ることで、疾患の発症と進行を予防する事が非常に重要です。疾患を予防し、皆様の普段の生活の質を担保できるように診療にあたりたいと考えております。ご不明な点やご心配事、遠慮無く相談して下さい。

医師の情報を見る

経歴

2015年3月 東京慈恵会医科大学 卒業
2015年4月 虎の門病院 初期研修医
2017年4月 横浜労災病院 循環器内科 後期研修医
2020年4月 東京大学医学部附属病院 循環器内科

資格

認定内科医

所属学会

日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電図学会

 
 

 

 
 

医師
涌井 昌俊   /   Masatoshi  Wakui

担当日: 水曜日午前・金曜日午前
[ 涌井医師の診察を予約 ]

 
 

患者さんの健康と生命を守るという使命感と、一人一人から学ばせていただくことへの感謝の気持ちのつづれ織りで、医師のキャリアは形成されます。30年以上の医師生活の中で培われてきた知識と経験を最大限に活かして、使命と感謝の体現に努めることが私の信条です。「見る」ではなく「診る」という言葉の原点に常に立ち返りながら、日々の診療に携わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

医師の情報を見る

経歴

1989年 慶應義塾大学医学部卒業、同大学病院内科研修医
1991年 横浜市立市民病院内科
1993年 慶應義塾大学医学部血液内科専修医を経て助手、主に骨髄移植の臨床に従事
1997年 東京大学大学院医学系研究科人類遺伝学分野客員研究員
2001年 フロリダ大学医学部リウマチ・臨床免疫学部門リサーチフェロー
2004年 埼玉医科大学医学部免疫学助手
2007年 慶應義塾大学医学部医化学教室学部内講師
2008年 早稲田大学先進理工学部非常勤講師(〜現在)
2009年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室学部内講師
2010年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室専任講師
2020年 慶應義塾大学医学部臨床検査医学教室准教授(〜現在)

資格

臨床検査専門医(日本臨床検査医学会認定)
臨床検査管理医(日本臨床検査医学会認定)
日本血栓止血学会認定医
臨床研修指導医

所属学会

日本臨床検査医学会
日本内科学会
日本血栓止血学会
日本検査血液学会
日本臨床化学会
日本医用マススペクトル学会
日本医療検査科学会
慶應医学会
日本臨床検査専門医会

発表・著書など

・涌井昌俊、岡本真一郎. 骨髄移植の検査.臨床病理 臨時増刊 特集第97号: 394-397,1994.
・涌井昌俊、松下祥. 樹状細胞による自然免疫と獲得免疫のクロストーク. 肝胆膵 52 (4): 529-536, 2006.
・涌井昌俊、久保亜紀子、大村光代、末松誠. 質量 分析によるがんの分子イメージング.最新医学66 (10): 2321-2329,2011.
・涌井昌俊. 重症肝疾患患者で重要となる凝固・線溶マーカー.Thrombosis Medicine 2(3): 219-226, 2012.
・片桐尚子、涌井昌俊. 血小板機能異常、凝固異常時に使用する検査とその解釈.Hospitalist 7 (3): 537-550,2019.
・涌井昌俊、藤森祐多、岡 周作、片桐尚子. 古くて新しい凝固波形解析:抗凝固薬の試験管内評価への応用.臨床病理67 (10): 1046-1058,2019.
・涌井昌俊、中川央充. 臨床検査における質量分析法の可能性と落とし穴.臨床検査64(3): 262-271,2020.
・涌井昌俊. 多様化する医学と医療に貢献するための臨床検査医学の専門性とは?臨床病理 68 (6): 535-540,2020.

 
 

 

 
 

代表医師
福井 悠   /   Y u  F u k u i

担当日: 火・水・金・土曜日
[ 福井医師の診察を予約 ]

 
 

仕事や子育てに忙しく、ご自身のメンテナンスにまで手が回らなかった方も。二度と同じ病気になりたくないと真剣にお考えの方も。たった一行のコトバ、一錠のクスリがあなたの未来を変えるかも知れません。健康のために今日から出来る様々な工夫に取り組まれてみてはいかがでしょうか。私たちは平穏な日常生活に忍び寄る病気に切り込み、あなたの健やかな未来を真摯にお守りします。

医師の情報を見る

私はこれまで最先端の医療機関で大勢の心臓血管病治療にたずさわる中、人生に暗い影を落とす多くの病気は未然に防げるものであることを痛感してきました。
確かに、最近の心臓血管治療は著しい進歩を遂げています。不幸にして急性心筋梗塞を発症されてしまった方の多くが早期治療により健康を取り戻せる時代になりつつあります。
その一方で、心臓血管病は増え続けている事実。時代から本当に求められているのは心臓血管病を減らす医療です。
仕事や子育てに忙しく、ご自身のメンテナンスにまで手が回らなかった方も。二度と同じ病気になりたくないと真剣にお考えの方も。たった一行のコトバ、一錠のクスリがあなたの未来を変えるかも知れません。健康のために今日から出来る様々な工夫に取り組まれてみてはいかがでしょうか。私たちは平穏な日常生活に忍び寄る病気に切り込み、あなたの健やかな未来を真摯にお守りします。

墨田区情報サイト[ 墨田時間 ]で紹介されています

経歴

2004年3月 慶應義塾大学理工学部卒業
2011年3月 千葉大学医学部医学科卒業
2011年4月 東京医療センター 初期研修医
2012年度 東京医療センター 最優秀医長評価賞 受賞
2013年4月 東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科レジデント
2014年度 東京ベイ・浦安市川医療センター Resident of the Year Award 受賞
2015年度 東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科チーフレジデント
2015年度 東京ベイ・浦安市川医療センター Resident of the Year Award 受賞
2016年4月 東京ベイ・浦安市川医療センター 循環器科フェロー
2018年 船橋駅前内科クリニック, 京葉病院, ふくいクリニック非常勤医師
2019年3月 錦糸町内科ハートクリニック

資格

認定内科医
総合内科専門医
循環器内科専門医
日本医師会認定産業医

所属学会

日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈学会

発表・著書など

重症患者管理マニュアル MEDSi
Part 3 循環器
第1章 ショック
第2章 心不全と肺水腫の生理学と鑑別
書籍情報

INTENSIVIST 2017年1月号 ICUエコー
12.急性肺塞栓症の心エコー所見
書籍情報

総合内科999の謎 MEDSi
3 循環器
書籍情報

集中治療999の謎 MEDSi
2 心血管系
書籍情報

集中治療ここだけの話 医学書院
11.心筋逸脱酵素の解釈は?
書籍情報

月刊レジデント 2015年5月号 医学書院
7. 胸痛:「先生,10 分ほど前から患者さんが胸痛を訴えています」/福井 悠
書籍情報

月刊誌「治療」2016年3月号 南山堂
連載 すんなりわかる
実践! 身近に考えよう 循環器内科の素朴な疑問 ─ 心房細動における NOAC の使い方
書籍情報

Heart View 2017年11月増刊号 メジカルビュー社
3. 救急外来(その他の疾患)
a.[rule-in]典型的な急性心不全の症状や徴候とは? どう患者さんから聞き取るか?
書籍情報

 
LINEで送る